姫苺博物館

周期表

水平リーベ、僕の船~周期表に隠された愛しきドラマ~

水兵リーベ僕の船、七曲がるシップスクラークか。

<姫苺訳>
水平のリーベ氏が、僕のお船ちゃんを攫ってしまった。

彼らを乗せたクラーク号は、七つの海を越え、

遠い異国へ旅立ってしまった。

何時かお船ちゃんを取り戻すため、

今は学問にひたすら打ち込む事しか出来ない。

― 化学の授業より ―

2008.01

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »