姫苺博物館

021_枕草子

春はあけぼの~いとをかしき平安の日々~

平安時代の女流作家、清少納言により執筆されたと伝わる約300段からなる随筆「枕草子」の第一段。

 

― 古典の授業より ―

この段で習った「いとをかし(趣がある・楽しい)」という言葉の響きに感銘を受け、積極的に古語辞典で浮世離れした用語を索引しまくった想ひ出があります。
 古典いとうつくし。

2007.04

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »