姫苺博物館

運動能力テスト

運動能力テスト~姫苺が巻き起こした奇跡の50m 22秒~

文部省が制定したスポーツテスト。授業、行事など、学校によって実施方法は変わりますが、内容はほぼ変わらず、50m走、走り幅跳び、ハンドボール投げ、懸垂腕屈伸などを規定の方法で測定し、各々の運動能力を数値によって知ることができます。

―保健体育の授業より ―
運動オンチの姫苺にとって、この運動能力テストの想い出は苦いものが多く、特に高校3年時に計測した50m走は端から諦めてしまい、チンタラ走行したら22秒という酷いものでした(平均9秒くらいね)。先生に「ふざけないでシッカリ走れやー」と言われましたが、ナイフのように尖がっていた女学生姫苺は再走のチャンスを突っぱね、故に2学期の体育の成績は姫苺史上最悪の結果となったのでした。

2006.09

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »