姫苺博物館

楊貴妃

楊貴妃~美しき悲運の皇妃~

中国、唐の玄宗皇帝の御妃様。本名「楊 玉環」。世界三大美女のうちの1人として挙げられる美しい女性です。
あまりにも玄宗皇帝が寵愛しすぎたために周囲に不満が募り、『安史の乱』を引き起こしたので“傾国の美女”と呼ばれることも。
 山口県では、楊貴妃が安史の乱を逃れて日本に亡命してきたという“楊貴妃伝説”が存在します。

― 世界史の授業より ―
教科書というか、世界史の先生の雑談で楊貴妃のことを知りました。
 麗しい楊貴妃は、果物のライチが大好きだということと、体臭が桃の香りだということを教えてくださいました。その授業の後、友人と共に「楊貴妃になるべ」と盛り上がり、貧乏学生なのでライチは諦め、体臭をどうにかしようということになりました。桃の香りのシャンプーやボディーソープを探すために学校帰りにチャリでドラッグストアを巡ったのは青春の想ひ出です。
 結局桃の香りの製品は直ぐに見つかり、友人と楊貴妃気取りでしばらく過ごしていたウザい女子高生でした。

2005.10

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »