姫苺博物館

 

先輩の背中

先輩の背中

寄りかかる勇気も

振り返る力もない私は

只ひたすら永遠の時が終わるのを待っている。

2014.10.13

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »