姫苺博物館

ドッペルゲンガー

ドッペルゲンガー

抱えてたもの失くした夜
最後に残った手の中の
温もりを胸に押しあてた
鼓動があたしの光

<詞:松田弥純様>

2008.11

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »