姫苺博物館

ガラッパ

ガラッパ

薄暗い森を歩いていると、何処からとも無く陶器をかちあわせるような音が聞こえてきます。日本古来から「妖怪」に属してきた「河童(かっぱ)」ではなく、「ガラッパ」の声でござります。ガラッパは、心の綺麗な人間にしか行くことのできない、ガラッパ森の、ガラッパ沼に住んでおります。
ガラッパ沼の水は、いつもキラキラ光っております。綺麗な水だなーと、飲用したりしてはいけません。
 恐ろしく大きく成長したアオミドロが、光に透けて光っているだけなのです。周りに立ち込める甘い空気は、『ミワクカサタケ(毒)』の胞子でございます。
 健康な人でも、ガラッパ森には10分もいられません。現在、ガラッパの生態は謎のままなので、瘴気マスクの開発が急ピッチで行われております。ねぇユパさま。

2003年初夏

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


Translate »